カードローンの在籍確認は派遣先に来るものですか?

派遣で働いている30代の男です。今度、カードローンを作りたいと思っているのですが、審査で勤め先にかかって来る在籍確認の電話は派遣元(派遣会社)と派遣先(働いているところ)のどちらにかかってくるものでしょうか?派遣元なら親しくしている派遣会社の担当者に事情も話せますが、派遣先にとなるとやはり言い出せないので、ちょっと不安に感じています。(参考ページはこちら→派遣の融資審査に関わる心配事

申込み時に申告する「お勤め先」へ電話が行くと思ってください

申込みの際にお勤め先に関することも申告をするわけですが、派遣でお勤めの方は、その欄に派遣会社を書くのか派遣先の会社を書くのかについての指示書きがあります。派遣元(派遣会社)を書けば在籍確認もそちらへ行きますし、派遣先を書けば実際に働いているところで取り次ぎを求める電話をかけてくることになるでしょう。

派遣会社に親しい担当者がいらっしゃるということなので、その方に「派遣先に在籍確認の電話が行くのはOKか」を確認してみてもいいでしょう。派遣先の中には、電話取り次ぎNGなところや、自社で働いていることを口外してはいけないというところまであります(それなら派遣を使わず正社員を雇いなよ、と言いたいですが)。

そういう気難しい派遣先のときには、こちらからコールセンターに正直にその状況を説明して、理解を求めましょう。「派遣先から自分がそこで働いていることは秘密にしろと言われているから、電話一本で即クビが飛ぶ」とか。

派遣というのは実に微妙な関係の上で働いていることを考えさせられます。実際に働いている会社からではなく、普段は滅多に行くことのない会社からお給料をもらうんですから。「お勤め先」はどっちだ?と都度悩むのも大変ですしね…。
(⇒融資の在籍確認は悩みすぎないのが大事

派遣社員のカードローンの在籍確認はどこに連絡がくるのか

金銭トラブルの対処方法としてカードローンは即日借り入れが可能な会社もあるので便利です。申し込みをしてから必ず審査が行われます。各社で決められた審査基準をクリアできれば借り入れが可能になります。審査基準には勤続年数や年収など様々な項目があると言われます。その他にも勤務先への在籍確認の電話があります。

審査担当者は申込人本人が申し込み内容の勤務先に本当に在籍しているかどうかの確認を行います。正社員やアルバイト、パートであれば現在勤務している会社に連絡がされます。しかし、派遣社員のように派遣元と先が分かれている人はどちらに連絡されるのでしょうか。
(⇒アルバイトでも審査には通るの?

派遣社員として働いている人の場合は基本的にどちらか一つを選ぶことができます。自分の都合が良い方を選んで在籍確認の連絡をしてもらえば大丈夫です。もしも申込書に在籍確認についての記載が特に無ければ担当者に確認することをお奨めします。担当者に確認して都合が良い方を伝えておけばそちらに連絡してくれます。

電話連絡の時に心配なのが金融機関からお金を借りることが派遣元や先に知られないかという点です。在籍確認の電話の際には審査担当者が配慮して個人名で名乗ってくれます。金融機関の名前を出すことはありませんので勤務先に知られることはありません。こういった配慮がされているので安心して借り入れすることができます。

勤務している会社によっては個人情報の都合上、個人からの連絡に取り合えない場合があります。電話連絡が取れない場合でも会社によっては電話連絡NGとできるところもあります。電話連絡NGにすることによって派遣先や元に連絡がいくことを回避することが可能です。電話連絡を避ける場合には代わりに在籍証明書などが必要な場合があります。審査担当者が柔軟に対応してくれますので一度相談することをお奨めします。

誰でも借り入れを申し込むことで手軽に利用できるので、急な金銭トラブルがあった際には是非一度検討してみてください。

【参考ページ】
融資への申し込みについてを解説