カードローン複数借り入れ契約成功!同時に借り入れしてもOK?

金利が低く条件の良いところからお金を借りたいと思っていたので複数の審査を受けてみるとなんとカードローン複数借り入れ契約に成功!2つの銀行から上限300万円のカードローンを組むことができ、それから他にも信販系で同じく上限300万円で契約ができました。こだわった金利も銀行が一か所4.5%という低金利を出してくれました。他の2ヶ所は6.5%です。(参考ページはこちら→こうして金融業者毎に条件は違います

今後利用する時には当然4.5%の銀行から借りるのですが、取りあえず質問です。300万円を3ヶ所から同時に借り入れすることは出来るのですか?また、300万円を3ヶ所から借りたら合計900万円の借入れとなるのですが、そうなると年収を超えてしまうので金融機関から契約更新時に断られたり、一括返済を求められることってありますか?

年収は700万円で勤続25年、40代前半、会社員、既婚、子供あり、他に住宅ローンを組んでいて返済中です。

返済に遅れがない限りは一括返済の可能性は低い

まず、同時に借り入れができるのかと言えば、審査が既に住んでいて手元にカードがあるという状況なら借り入れ出来ます。ただし、同時に全額の借入れをせずに一社目で300万円借りてしばらく放っておくと二社目は借り入れストップがかかる可能性がありますよ。銀行は定期的に借入れ状況をチェックしているので他社でも年収の三分の一を超えている金額を借り入れしていたら、返済困難と見なされてカードの利用停止になる事がありますよ。全額借りたいなら同時に3ヶ所全額借りてください。(参考ページはこちら→審査で見られている事を考える

900万円の借り入れ後に金融機関から一括請求を求められることがあるのかと言えば、返済に遅れない限りは可能性は低いですよ。ただし、新たに借入れができないように借入れのストップがかかってある程度の返済を行うまでは返済専用のカードになる可能性は高いですね。(参考ページはこちら→今現在の限度額をしっかり把握しておこう

カードローン複数借り入れができるか調べてみました

カードローン複数借り入れをしたい方が増えているようです。カードローンはライフスタイルに合わせた利用がオススメですが、場合によってはちょと無理して複数のカードローンが必要になる方も多いようです。

結論から言えば複数のカードローンは契約上問題ありません。気をつけたいのは、消費者金融のカードローンや、銀行系のカードローンの一部のように消費者金融のサービスを代理販売している場合には消費者金融向けに設定されている法律の制限があるということです。(参考ページはこちら→消費者金融の決まり事

消費者金融は現金を総所得の3分の1までに貸出が制限されます。これは、1社の消費者金融の制限ではなく、個人の借り入れ全部をチェックした上での制限です。例えば500万円の総所得がある個人へは150万円が貸出可能上限となります。

また、銀行系のカードローンや融資はこれには当てはまりませんが、消費者金融のサービスを代行していたり、保証が消費者金融の場合は法律の適用となります。このことを踏まえて複数のカードローンの申し込みを検討すれば問題ありません。

最近はカードローンの少額サービスが増えてきており、10万円とか20万円など、一般のカードローンの利用上限を下げて広く利用してもらえるようにしているカードローンも増えています。小額ローンは審査が通りやすいと言われており、サラリーマンが手軽に申込む以外にも、主婦やパート・アルバイトなど、これまでカードローンが通りづらかった方々にも利用しやすいローンが増えています。

複数のカードローンを利用する際には、法律での貸出制限に当てはまっていないか、また、複数のカードローンを契約した場合に月々の返済額がどのようになるのか、事前に計算をした上で利用することが重要です。すでに複数のカードローンを契約している場合には、おまとめローンと呼ばれる、ローンをまとめて返済し、月々の返済額を減らすローンもサービスされているので、ライフスタイルに合わせてローンを検討することをオススメします。